プログラマーのための転職成功の秘訣

プログラマーの転職活動のポイントは、何よりも応募者である自分の技術力を、面接官が客観的に評価できることが重要です。最近ではプログラマー職の応募者は必ずポートフォリオを用意することを応募の条件としている会社があります。

大阪や東京、名古屋を中心としたIT企業では特に顕著で、事前にgithubに作品を投稿しておいて、採用担当者が確認できるようにしておくことが理想的です。

システムエンジニア職ではなく、プログラマー職なので、単純にポートフォリオに技術だけを並べていれば良いと思うかもしれませんが、応募者の作品は技術だけでなく、開発した背景や企画なども細かく確認されることもあり、粗製乱造を繰り返したとしても、採用される可能性は高くなるとは言えません。

そのため、なるべく使用されている技術だけでなく開発した背景や主な用途など、より経営者寄りの視点で開発ができることをアピールするようにしましょう。また就職する企業の地域によっては、使用しているプログラミング言語が大きく異なっていることも多いです。

例えば、東京近郊のIT企業であれば、PHPやPython、Rubyなどと行ったサーバーサイドの言語やフレームワークなどをよく使っています。一方で、地方のIT企業であれば、ASP.NETやCOBOL、VBなどを使用していることがあり、プログラマーが習得している言語によっては、一から勉強をやり直さなければならないこともあるのです。

そのため、自分の習得している言語と、その言語を取り扱っている企業の場所を考慮した上で、転職活動を進めていきましょう。プログラマーの転職の際には、技術だけでなく、人間性や社交性といった社会人としての必須のスキルも求められます。

共同で開発を行うことがある以上、同じ部署の職員の方とのコミュニケーション能力が求められます。円滑なコミュニケーションを確保するためには、応募者の人間性や社交性、協調性といったスキルは面接官によって厳しく見定められることになるでしょう。

履歴書や職務経歴書などに、コミュニケーションスキルが一定以上あることを証明する経験を書き込んでおくことで対策しておくことが重要です。職務経歴書の作成は転職エージェントの添削を受けると、よりクオリティの高いものを作成できます。

転職エージェント口コミサイトなどを見ていると、マイナビエージェントやdodaなどが職務経歴書の添削では評判が良いようです。ワークポートやリクルートエージェントは求人数が多く、プログラマーの転職にも相性が良いですね。

参考;ワタシの転職エージェント

例えば、クライアントの仕様書において不明瞭な箇所があれば、作業前にきちんと確認しておくなどを徹底してきた旨を書いておけば良い評価が得られるでしょう。面接時などにおいても、技術的な自己PRに偏らないように気をつける必要があります。

頑張りましょう!

 

U-NEXTのおすすめ作品選定は難しい!

パソコンやモバイル機器で視聴できる動画配信のサービスを行っている会社はたくさんありますが、その中でもひと際有名な会社にはU-nextがあります。

月額制を採用していて、1つの契約で4つまでのアカウントを取得できるという利便性もあり、実質上1人500円で映画を観放題で楽しめます。毎月の頭には無料でポイントが付与されることも特徴としてあげることができ、有料の作品もポイントで視聴できます。

サービス開始以降、映画作品は増え続けているのですが、U-nextは150,000を超える数の作品を網羅しているので映画好きな方は勿論のこと、映画マニアの方でも見応えを十分に感じられます。

 

U-NEXTの配信作品は15万以上

U-next おすすめの映画作品は、利用者によって趣味趣向が異なるために、少数に限定することは非常に難しく、作品数が多いことにより、限定した選び方が難しいことが逆に飽きの来ないサービスとして利用できる理由です。

その中でもU-next おすすめ映画は大きく分けると洋画と邦画、アニメ、アジアに分類できます。

それぞれのカテゴリの中でも、ヒューマンドラマやラブストーリー、サスペンスやアクション、ホラーやコメディなどが多彩にあり、利用者の好みのジャンルを見つけられます。洋画だけに絞り込んだ際にも約15ものジャンル別に更に絞り込みを行うこともでき、お目当ての映画作品は簡単に探せます。

その中には往年の名作とされている有名映画もあれば、アカデミー賞を始めとした各国の映画賞を受賞した作品も殆ど視聴することができ、レンタルショップには置いていない作品も多数あります。

勿論、邦画作品でも国内のアカデミー賞を受賞した作品から、古い時代に作られた名作映画もかなりの数から探せます。新作映画も随時入荷しており、映画館で新作上映されてから間もない映画作品の入荷スピードが速いことも魅力です。

国内では洋画、邦画の他にアジア映画や国内アニメ作品もおすすめできる映画が非常に多く、お子さんから大人まで老若男女問わずに楽しめます。

U-next おすすめ映画作品は、自力で探すことが困難な方や、膨大な数から絞り込むことが難しいと感じてしまっても問題はありません。各映画のカテゴリをクリックすると、おすすめ作品の一覧を見ることができ、ピックアップされている映画を視聴することでも十分に満足される方が圧倒数を占めています。

このピックアップは随時変更されており、新作が入荷した際や、その時の特集により違いが生じます。この機能性により、いつでも新鮮な映画を満喫することができ、使い勝手の良さからおすすめ映画を探すことは簡単です。

勿論ですが、お目当てにしている映画作品があったり、出演者の名前が分かっていれば検索ボックスから直ぐに絞り込めますが、U-next おすすめ映画作品はかなり広いカテゴリとジャンル、年代から探し出すことを可能にしているので、公式サイトで特集を組んで、アピールしている作品から視聴していく方法も間違いではありません。

 

視聴作品の選び方

映画というものは完全に個人により感性が異なり、趣味趣向も異なります。アクション映画が好きな方がいれば、現実味のあるヒューマンドラマを好む方がいるように、千差万別といっても過言ではありません。

それでも厳選したおすすめ映画作品を見たいという方であれば、やはりアカデミー賞の作品賞を受賞した作品や、国内を含めて世界各国の映画祭で作品賞を受賞した作品に絞って探す方法もあります。

受賞歴が分からないという方であれば、インターネットを利用して各賞の受賞作品は一覧で掲載しているサイトがあるので、気になるタイトルを予め把握してからU-nextで検索をかける方法が良いかもしれません。

先行配信や限定配信を行っている作品も他の動画配信サービスよりも多い傾向にあるので、多方面から楽しめる要素は盛り沢山です。

気になる作品を見つけても、視聴する時間を作ることができない場合は、パソコンやモバイル端末にダウンロードしておき、後日に暇な時間に視聴する方法も用意されています。この機能を使いこなすことで見逃してしまう失敗をせずに済ませられるので非常に便利です。

あまりにも沢山の映画作品を有しているサービスなので、契約後はこれまでレンタルショップなどを利用してきた方が、好みのジャンルに絞ってきたという場合でも、自宅でも出先でもどこでも手軽におすすめ映画をチェックできるので、好みのジャンルの幅が広がる可能性も出てきます。

VODフリー!」のようなVOD比較サイトや、無料体験(無料トライアル)の活用方法を解説したサイトはネット上に沢山あり、ますます動画配信サービスは日本に根づいていくと思われます。

動画配信サービスでは新たな発見ができることも大きな魅力として考えることができ、レンタルショップのように返却する手間もなく、月額制なので途中で飽きてしまった作品があっても、次から次へとおすすめ映画を探し出せるという使い方ができる魅力は非常に大きなものがあります。

新作の映画が公開される際にはテレビやインターネットでも宣伝を行うことが通例です。

人気作品の場合は宣伝からでも把握しやすいものなので、是非見てみたいと感じた作品をピックアップしておき、U-next を小まめにチェックすると、わざわざ映画館に行かずにおすすめ映画を満喫できます!